1455円 [ケルティ] 小銭入れ ディック・フェス・ポーチ シューズ&バッグ バッグ・スーツケース メンズバッグ・財布 ケルティ Seasonal Wrap入荷 小銭入れ ディック フェス ポーチ /tawaramachi,[ケルティ],ディック・フェス・ポーチ,小銭入れ,1455円,シューズ&バッグ , バッグ・スーツケース , メンズバッグ・財布,www.anthonylanier.com 1455円 [ケルティ] 小銭入れ ディック・フェス・ポーチ シューズ&バッグ バッグ・スーツケース メンズバッグ・財布 /tawaramachi,[ケルティ],ディック・フェス・ポーチ,小銭入れ,1455円,シューズ&バッグ , バッグ・スーツケース , メンズバッグ・財布,www.anthonylanier.com ケルティ Seasonal Wrap入荷 小銭入れ ディック フェス ポーチ

ケルティ Seasonal Wrap入荷 小銭入れ SALE開催中 ディック フェス ポーチ

[ケルティ] 小銭入れ ディック・フェス・ポーチ

1455円

[ケルティ] 小銭入れ ディック・フェス・ポーチ

商品の説明

商品紹介

レトロでクラシカルな魅力満載のフェスポーチが誕生しました。素材には高耐久なコーデュラナイロンを使用、両面でカラーが違い、左右にジッパーが付きです。左右のジッパーはそれぞれ別気室になっていて片側にスマートフォン(iPhone7が入る大きさです)片側に定期券やカード、お金を入れれば これだけで遊びに行けてしまいます。サイドには丸カン、鍵をつけたり、腰からぶら下げたりも可能です。フィリピン製。

ブランド紹介

KELTYの歴史は、そのままバックパックの変遷と言える。
大型であれ小型であれ現在のバックパックの機構には、ウエストベルトが装備され、背部をテンションさせるなど幾つかの共通点がある。
この基本概念は、50年以上前、ディック・ケルティの「発明」による。
KELTYブランドは1952年、南カリフォルニアのディック・ケルティの自宅で、500ドルの借金と共にスタートした。
ケルティはガレージで、溶接機を片手にアルミフレームと格闘し、妻のニーナは台所でミシンをかけ続けていた。
自身が熱狂的なアウトドアマンであるケルティは、自分が納得できない製品に妥協することなく、作っては改良を加える日々が流れた。
しかし転機はまもなく訪れた。カタログに掲載した前代未聞のモノ、アルミ製フレーム+分割されたナイロンのコンパートメントに、全米の若者達の目が惹かれた。
ここからバックパッカーという新たな文化が誕生し、KELTYのロゴを背負うことがステータスとなっていった。
その完成度と機能性の高さは、プロのクライマー達の注目を集め始め1963年のF.UnsoeldとF.Hornbeinによるエベレストへの初登頂、1966年ナショナル・ジオグラフィック南極大陸遠征、1975年K2、1982年Cholatseへの初登頂、そして1983年7大陸最高峰遠征…米国の歴史的偉業の多くはKELTYと共に達成されてきた。
1970年、メキシコ国境からカナダ国境までのアメリカ西海岸を南北に縦走する4,240Kmの米国の長距離自然歩道、パシフィック・クレスト・トレイル(PCT)を1シーズン以内に全行程を歩ききるスルーハイキングの最初の成功者、Eric Ryback(当時18才)のバックパックもKELTYだった。

[ケルティ] 小銭入れ ディック・フェス・ポーチ

フェス用の財布として購入しました。片側にはカード入れがありますが、横向き2枚は入らないので注意が必要です。
ケルティ、物が良いしデザインも良いし、使いやすいです。
裏表で色が違うのがオシャレでデザインも◎チャックが2つ裏表で別々になっているので小物の整理もしやすい普段はメモ帳、ペン、ウエットティッシュと定期券を入れて、キャンプのときは小物類のかわりにお金を入れて財布として使ってます
ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

新着記事

Jタウン研究所

地元の話題

Jタウンチャンネル

Sponsored contents 共同通信PRワイヤー

PAGETOP