2263円 Toys In The Attic ミュージック ハードロック・ヘヴィーメタル ハードロック Toys In 内祝い The Attic Toys In 内祝い The Attic 2263円 Toys In The Attic ミュージック ハードロック・ヘヴィーメタル ハードロック Toys,The,/koubeitayado,Attic,www.anthonylanier.com,In,ミュージック , ハードロック・ヘヴィーメタル , ハードロック,2263円 Toys,The,/koubeitayado,Attic,www.anthonylanier.com,In,ミュージック , ハードロック・ヘヴィーメタル , ハードロック,2263円

Toys In [正規販売店] 内祝い The Attic

Toys In The Attic

2263円

Toys In The Attic

Toys In The Attic

1975年リリース。ジャックダグラスフルプロデュースによるサード・・・エアロスミスサウンドを確立した重要なアルバム。久々聴きましたが、ロックのカッコよさを理屈抜きで堪能させてくれる内容です・・・「これぞROCK!」なんて、感じさせられました!!次作「ROCKS」でさらに凄味が増幅しますから、この時期のバンドのエネルギーは途轍もないものだったのでしょう。80年代以降の彼らの曲は正直ピンときませんが、70年代の楽曲は本当素晴らしい・・・退屈な曲も勿論ありますが、アルバムそれぞれ(特にも初期)に「名曲中の名曲」が収録されている事がこのバンドの強味!!このアルバムの「トーイズインジアティック」「ウォークディスウェイ」「スイートエモーション」のカッコよさときたら、時代を超越してます・・・色褪せないよなあ!!それにしても「スイート・・・」の邦題が、「やりたい気持ち」って凄いセンスだよなあ(笑)。クレジットをきちんと見ると、ラスト2曲ではブラッドがリードギター・・・数十年知りませんでした(笑)。名盤です・・・エアロには紙ジャケの必要性は、個人的に感じませんでした。
 昔の外タレ来日には必ず鏡割りが付き物で彼等も例外ではなかったが、その映像のバックに流れていたのが日本でも大ヒットした"Walk This Way"。カバーによるリバイバルもあって彼等のアンセム的地位を確立したこの曲を含む本作は、浮上するきっかけだけが必要だったバンドに決定的な成功をもたらした。一斉射撃みたいな表題曲、じわりじわりと焼き上がる極上の肉のようにヘビーだがコクのある6、前述4の有名曲を収録。1は意外にも?REMのようなバンドもカバーしており、70年代におけるアメリカのロック少年達への影響の大きさがわかる。ブルースにおけるダブルミーニングの伝統とロカビリー風サウンド5、タイトル通り循環する歌詞とエフェクトが奇抜な8、ストリングスを配したタイラー得意のリリシズム9など飽きさせないバリエーションと実験色が強い意欲作でもある。 本作は全体の構成自体がロックスに似ている部分もあり、二枚あわせても一枚のCDに余裕で入ってしまうくらい演奏時間も同様に短い。見た目が災いしてストーンズと頻繁に比較され辟易していたに違いなかったバンドが、アルバム制作における独自性をほぼ確立した記念すべき作品だ。統一感で次作に一歩譲るのみで、重要性はなんら劣らない。
初期の最高傑作は「ロックス」だと思いますが、あの張り詰めたキンキン感はエアロらしくない。このルーズで、多少いい加減さが似合ってると思う。だから、二作目と三作目が好きだったりする。言わずと知れた名曲満載で、中でも1、4、6は絶対にエアロに欠かすことのできません。自分はその他でも「Adam's Apple」が超クールで好きです^^トップ40している第二期黄金期もいいけど、初期も全然聞けますのでおすすめですよ。
エアロスミスのアルバムの中で、個人的にはロックスの次に好きなアルバム。傑作アルバムである。セカンドアルバムで、長いツアーをした事で、演奏能力が格段に向上し、また、良いドラッグが手に入り出した事が影響し、本作は生まれた。特にタイトル曲の完成度は、ずば抜けている。まさにドラッグのように中毒性があり(ロックスもそうだが)スティーブンの最後の方の、ギャギャギャギャギャオッ!というのがカッコよすぎる。ギターのリフもかなりカッコいい。本作には、エアロスミスの代表曲である、Walk this way と、Sweet emotionが入っている。Walk this wayは、ゴジラの音楽からヒントをジョーが得たらしい。ファンキーで、エアロスミスらしい、ユウモアがある曲だ。ラップに影響を与えた。Sweet emotionは、ライブの最後のに演奏することが多かった。最後のバラードは、スティーブンが前のバンドにいた時にドン・ソロモンと作った曲だが、名曲である。ロックスより幅があり、エアロスミス入門には一番いいアルバムかもしれない。自分は本作をきっかけに、70年代のエアロスミスの中毒にはまってしまった。いまだに、70年代のエアロスミス以上に好きになれるバンドに会えていない。それでいいかもしれない。

〜メンズファッションの着こなし方・コーデ方法・人気アイテムを発信!〜